脱毛できれいな肌を手に入れよう!

毛抜きで脱毛するメリット・デメリット

毛抜きで脱毛するメリット・デメリット 自分でムダ毛を処理するときに、毛抜きを使っている方も多いのではないでしょうか。そのメリットは、カミソリよりもきれいに仕上がることです。
抜いてから生えてくるまでの2日程度は毛がない状態になるので、ツルツルの肌に見えます。
さらに、毛根から抜くことができるので脱毛回数も少なくて済み、続けていると細い毛になったり、生えてこなくなったりすることもあります。
毛抜き脱毛のデメリットは、1本ずつ抜かなくてはならないため、時間がかかることです。抜く時に痛みを感じることもあるほか、肌を傷つけてしまうことでわずかですが出血することもあります。
生えてきた毛が皮膚に埋まってしまう埋没毛も、よくあるデメリットです。皮膚の中に毛が埋まっているのが透けて見えるので、きれいではありません。
また抜く時に毛穴を引き上げることになるため、続けていると肌がボコボコしているような状態になってしまうこともあります。
専用の毛抜きを使い、脱毛後の肌を丁寧にケアするようにしましょう。

毛抜きでの脱毛と相性が良いタイプの人とは

毛抜きでの脱毛と相性が良いタイプの人とは カミソリ・シェーバーを使って自己処理で脱毛を行うと、刃でつけられた細かい傷口から細菌が入り、炎症を起こす危険性があります。
ですので衛生面に気を付けて、自己処理前と後には、脱毛をする部位をしっかりと消毒する必要があります。
カミソリ・シェーバーでの脱毛と相性が良いタイプの人は、やはり肌がとても丈夫な人と言えるでしょう。
敏感肌や乾燥肌の方には、肌への負担が大きくより乾燥するようになったり、肌荒れを起こすケースがあるので注意が必要です。
また、レーザー脱毛が苦手なうぶ毛が多い方にもカミソリ・シェーバーを使った自己処理は向いているかもしれません。
いずれにしても、刃によって肌に傷をつけてしまう危険性があり負担が大きいので清潔な環境下で、優しくなでるようにカミソリ・シェーバーを使うようにしてください。
よく切れるものを使い、シェービングフォームなど塗ってから行うとすべりがよくなり、肌に優しく美しく仕上げることができますよ。